甲信越地方

甲信越地方

甲信越地方是日本中部地方東部的山梨縣、長野縣和新潟縣3個縣的總稱。名稱來源于昔日該3縣所對應的令製國名"甲斐""信濃"和"越後"中開頭單字的名稱。

  • 中文名稱
    甲信越地方
  • 地    點
    日本中部
  • 類    型
    總稱
  • 分    類
    山梨縣、長野縣

概況

​甲是日本中部地方東部的山梨縣、長野縣和新潟縣3個縣的總稱。名稱來源于昔日該3縣所對應的令製國名"甲斐""信濃"和"越後"中開頭單字的名稱。

甲信越地方

關東地方の西部から北西部に鄰接する甲斐{かい}(山梨県)、信濃{しなの}(長野県)、越後{えちご}(新潟県)の3國(3県)の地域をいい、舊國名の頭{かしら}文字をとって甲信越地方とよばれる。甲信越地方をひとまとめにしてよぶのは、この地域が關東地方の鄰接地域であるとともに、経済・社會などの諸生活も東京をはじめ關東との結び付きがきわめて強いことによる。

こうした甲信越地方の、京浜や關東の外圏化の動きは、行政地域の所屬の変遷にもよくみられる。明治時代には、甲州は東海地方に入れられ、信州は北陸(越後を含む)といっしょで北信地方といわれていた。それが大正から昭和前期にかけては、甲州はおもに關東に、ついで信州もまた關東に結び付けられて「關東甲信」とされた。越後は國鐵(現JR)上越線の開通(1931)後は關東と直結することとなった。そして、第二次世界大戦後は關東ブロックに入れられ、甲信とあわせて「關東甲信越」と關東圏にまとめられるようになった。甲信越地方は現在、關東に次いで東京の重要な経済圏になっている。甲信越の3國(3県)は、自然、人口、產業経済、生活狀況、公安、福祉醫療、教育文化、財政の諸狀況についていくらかの差異や特色をもっている。経済・社會諸活動の総和として人口の転入、転出両率をみると、近年は3國ともに全國平均を下回っているが、そうしたなかで甲州は転入、転出両率とも順位が上で活発さを示し、信州は転入順位が転出順位よりも高くて活発さは甲州に次ぎ、越後の順位が信州とは逆で北陸に近似しているのが註目される。

甲信越のもつ山地、高原は、京浜巨大都市群の避暑地として、また登山、スキー、スケート、ドライブなどのスポーツの場として、あるいは綠にあふれる林野や田園、水流は、林間學校や貸し農園、観光農園、釣り場などのレクリエーション地域としての役割を果たし、關連施設の増加が目だっている。 <淺香幸雄>

其它詞條