安全地帶 -日本樂隊 Anzen-Chitai

安全地帶

日本樂隊 Anzen-Chitai
更多義項 ▼ 收起更多 ▲

由玉置浩二,矢萩渉,武沢豊,六土開正,田中裕二 五位日本人所組成的一批樂隊。是一批有朝氣的樂隊。

  • 中文名稱
    安全地帶
  • 國籍
    日本
  • 民族
    大和民族
  • 職業
    樂隊

成員介紹

玉置浩二(たまき こうじ、1958年9月13日-) - ボーカル、ギター、パーカッション

矢萩渉(やはぎ わたる、1957年6月27日-) - ギター

武沢豊(たけざわ ゆたか、「佑昴」とも。1958年5月16日-) - ギター

六土開正(ろくど はるよし、1955年10月1日-) - ベース、ピアノ、キーボード

田中裕二(たなか ゆうじ、1957年5月29日-) - ドラムス

樂隊作品

單曲

1st 1982年2月25日 萠黃色のスナップ /一度だけ

2nd 1982年10月25日 オン·マイ·ウェイ /FIRST LOVE TWICE

3rd 1983年4月1日 ラスベガス·タイフーン /エイジ

4th 1983年11月25日 ワインレッドの心 /We're alive

5th 1984年4月16日 真夜中すぎの戀 /…ふたり…

6th 1984年7月25日 マスカレード /置き手紙

7th 1984年10月25日 戀の予感 /Happiness

8th 1985年1月25日 熱視線 /一秒一夜

9th 1985年6月25日 悲しみにさよなら /ノーコメント

10th 1985年10月1日 碧い瞳のエリス /彼女は何かを知っている

11th 1986年7月1日 プルシアンブルーの肖像 /チャイナドレスでおいで

12th 1986年9月25日 夏の終りのハーモニー /俺はシャウト!※井上陽水·安全地帯名義

13th 1986年10月21日 Friend /戀はDANCEではじめよう

14th 1986年12月3日 好きさ /思い出につつまれて

15th 1987年4月21日 じれったい /ひとりぼっちの虹

16th 1987年12月2日 Juliet /きっかけのWink

17th 1988年3月10日 月に濡れたふたり /時計

18th 1988年6月21日 I Love Youからはじめよう /Too Late Too Late

19th 1988年8月25日 微笑みに乾杯 /ナンセンスだらけ

20th 1990年11月7日 情熱 /Seaside Go Go

21st 1991年11月6日 いつも君のそばに /俺はどこか狂っているのかもしれない

22nd 1992年12月2日 あの頃へ /地平線を見て育ちました

23rd 1993年2月10日 ひとりぼっちのエール /あの頃へ(ライブ)

24th 2002年7月10日 出逢い /野蠻人でいい

25th 2002年12月4日 反省 /あの頃へ

26th 2003年9月18日 雨のち晴れ /ショコラ

27th 2010年3月3日 蒼いバラ /ワインレッドの心(2010ヴァージョン)

28th 2010年5月5日 オレンジ /戀の予感(2010ヴァージョン)

最佳專輯

1st 1985年10月 浪漫歌集 ※香港のみで発売

2nd 1988年12月10日 安全地帯 BEST~I Love Youからはじめよう ※日本版と香港版で収錄曲や収錄バージョンが一部異なる

3rd 1993年8月25日 安全地帯BESTII-ひとりぼっちのエール

4th 2001年6月21日 THE VERY BEST of 安全地帯

5th 2005年3月23日 安全地帯コンプリートベスト

6th 2006年7月5日 安全地帯 ゴールデン☆ベスト

原創專輯

1st 1983年1月25日 安全地帯I Remember to Remember

2nd 1984年5月1日 安全地帯II

3rd 1984年12月1日 安全地帯III·抱きしめたい

4th 1985年11月24日 安全地帯IV

5th 1986年12月14日 安全地帯V

6th 1988年4月10日 安全地帯VI·月に濡れたふたり

7th 1990年7月25日 安全地帯VII·夢の都

8th 1991年12月11日 安全地帯VIII·太陽

9th 2002年8月7日 安全地帯IX

10th 2003年10月22日 安全地帯X·雨のち晴れ·

11th 2010年5月26日 安全地帯XI ☆Starts☆「またね…。」

現場專輯

1st 1985年4月25日 ENDLESS

2nd 1986年11月5日 スターダスト·ランデヴー井上陽水·安全地帯LIVE AT 神宮

3rd 1987年6月10日 安全地帯LIVE

4th 1998年8月19日 ONE NIGHT THEATER 1985

5th 2005年11月9日 安全地帯VI LIVE ·月に濡れたふたり·

6th 2010年12月8日 安全地帯 "完全復活" コンサートツアー2010 Special at日本武道館 ~Start & Hits~「またね…。」

樂隊歷史

齊柏林飛船和傑克遜·布朗憧憬的事能明白,結成『酒紅色的心"的發行到本時的西洋強意識走著,歌也詞的第一人稱"我"頻繁使用的(一部分的樂曲「我使用)"。

《酒紅色的心』的安全對媒體的曝光一下子增多了結果,作風也慢慢改變了。井上陽水的松井五郎向作品詞擔當交接的樣子,妖艷且繊細的歌詞冬粉層大幅擴大。但是,玉置開始成員當初目標努力的樂隊方式異的形式的人氣高騰,激烈的困境一邊活動持續的事。

1986年

《普魯士藍的肖像》、《安全地帶V》中,童謠演唱,新的風格的樂曲,新境地挑戰切開改變。

1988年

のアルバム『安全地帯VI〜月に濡れたふたり』、シングル『微笑みに乾杯』は、男女の戀愛をテーマにしてきた安全地帯の作風に區切りをつける作品となり、2年間の充電期間に入ることとなる。この期間の玉置は俳優業をやりながら、模索をしていた時期とされている。

1990年

の活動再開で、安全地帯は大きな作風の転換を迎える。玉置自身も作詞に攜わるようになり、故郷の北海道やともに過ごした人々をテーマにした楽曲が數多く作られるようになった。ルックス面では、バブル期にみられたような派手な服裝や化妝をしなくなった。この変化に女性を中心とした従來からのファンはとまどいを隠せなかったが、それは本來の安全地帯への回帰でもある。

1993年

以降の玉置のソロ活動で、その路線はより強くなっていく。一方で笑いやいい加減さなど、自由な作風が目立つようになる。

2002年

の安全地帯再始動後はスローペースな楽曲が多くなり、ラブソングというよりも人生そのものを大きく捉えたメッセージソングが作られるようになる。『安全地帯X〜雨のち晴れ〜』の作詞には新しく黑須チヒロを起用し、それまでとは異なったタイプの作品で新しいファンを獲得するとともに、古くからのファンにも新たな一面を見せた。

ソロ・バンド問わずほとんどどの楽曲は玉置自身の作曲によるものである。しかし安全地帯の作風と玉置浩二の作風は、編曲の段階におけるシンセサイザー・打ち込み・空間系エフェクターの採用の有無といった點において大きく異なる。安全地帯が80年代當時最新銳であったギターシンセの採用や、打ち込みといったデジタルな加工を積極的に取り入れていたのに対して、玉置浩二のソロ作品においては打ち込み等を極力排しており、ボーカルにエコー等をかけることも避ける傾向にある。これは、玉置浩二自身の意向のほか、武沢豊や川島裕二といったデジタルな加工に長けた人物の參加の有無によるところが大きい。

2013年

は、両者とも作風に違いが見られなくなったという指摘もあるが、家族のような重みのある安全地帯に対し、自由で軽い乗りの玉置浩二という方向性の違いは認められる。

重要事件

デビューまで

1973年

北海道で実力No.1のアマチュアバンドとなる。

結成當時は別のバンド名だったが、かつて旭川市を走っていた路面電車(旭川電気軌道)の電停にある安全地帯の標識が、Victoryの頭文字Vに似ていたことから、バンド名が「安全地帯」になった。

英語表記は、「Safety Zone」。交友のあるミュージシャンの一人、さだまさしが休暇でハワイに行った時、職業柄、ハワイの音楽スタジオに行ってみた。今、どのバンドが使っているか今日のスケジュールを見たところ、「Safety Zone」と書いてあったので、さだはどんなバンドかと思って覗いてみたら、安全地帯が演奏していて玉置が歌っていたので、吃驚した。というエピソードがある。

1980年

代を代表するロックバンドに

1981年

、井上陽水のバックバンドとして上京。1982年にキティレコード(現・ユニバーサルミュージック)と契約し、『萠黃色のスナップ』でメジャーデビュー。

1983年

、サントリーから発売された「赤玉パンチ」のCMソングに起用された『ワインレッドの心』が大ヒット。一躍全國にその名が知れ渡る。 その後も『戀の予感』、『熱視線』等の楽曲を立て続けにヒットさせる。 ボーカルの玉置浩二の奇抜な衣裝と圧倒的なボーカル、その他のメンバーによるハイレベルな演奏が支持を受け、

1980年

代を代表する人気グループの地位を不動のものにする。

1985年

には『悲しみにさよなら』が大ヒット。TBSのザ・ベストテン、日本テレビ「ザ・トップテン」年間第1位に輝き、同年のNHK紅白歌合戦出場を果たした。

1986年

には、神宮球場においては初となるコンサートを井上陽水と共に行い、大成功を収める。また、

同年12月にはアナログ盤にして3枚組となるアルバム『安全地帯V』を発売するなど、快進擊を続ける。

なお、『ワインレッドの心』 、『戀の予感』、『Friend』などが香港でカバーされそれぞれヒットしたこともあり、香港での人気も高かった。

1987年

は、安全地帯の活動と平行して個別の活動も進められ、夏に玉置自身初のシングルとアルバムをリリースするなど、多忙な時期だった。

活動休止、その後

1988年秋

、香港コロシアムでのコンサートを最後に突然活動休止を宣言。主な原因として、6thアルバム『安全地帯VI〜月に濡れたふたり』の出來映えに対して、玉置自身が強い不満を持っていたためとされる。休止期間中、5人は個別の活動に入る。

1990年

、7thアルバム『安全地帯VII〜夢の都』のリリースを機に活動を再開。翌1991年には『安全地帯VIII〜太陽』をリリースする。しかし、

1992年12月

、アコースティックスタイルでのコンサートツアーを終えたことにより、再び活動を休止。すでにレコーディング済みのシングル『ひとりぼっちのエール』は翌

1993年2月10日

にリリースされる。

活動休止を境に玉置は、ソロと俳優業を中心とした活動に移行し、武沢はプロデュース業に専念、他のメンバーも個々の活動に入る。この時、安全地帯の所屬會社がキティレコードからソニー・ミュージックエンタテインメントに移っている。活動休止の後しばらくして、安全地帯を再開する予定だったが、

1994年

に武沢豊の脫退が発表され、殘りの4人は、玉置浩二のソロプロジェクトで當分の間活動することになる。當時のバンドは4人とサポートメンバーを合わせ、安全地帯を名乗っていた。

1998年夏

、旭川市郊外の野外ライブ「旭川ライブジャム」で6年ぶりにメンバー5人全員が出演する。その後グループでアルバム製作を進めていたが、途中で作り直され、

2000年

に玉置名義でリリースされる(玉置浩二『ニセモノ』)。

2001年

、安全地帯のレコーディングを開始する。

2002年

夏に10年ぶりのシングル『出逢い』がリリースされる。発売前、5人揃って記者會見が行われた。同年に9thアルバム『安全地帯IX』が発売され、同年秋からツアーが始まったが、武沢は怪我のため殘念ながら參加できなかった。

2003年

には10thアルバム『安全地帯X〜雨のち晴れ〜』がリリースされる。ツアーでは5人全員が揃い、同年秋には、かつて安全地帯の活動の場であった「渋谷エッグマン」でライブを行う。安全地帯のツアーは

2003年12月で全日程を終了した。

ツアー終了後の2004年以降は、グループ活動を休止し、個々の活動を続けている。

相關詞條

相關搜尋

其它詞條