大山綱良

大山綱良(文政8年 - 明治10年)は、江戸時代後期の薩摩藩士、明治の政治家である。父は樺山善助。格之助。

  • 中文名稱
    大山綱良
  • 外文名稱
    おおやまつなよし
  • 出生日期
    1825年
  • 性別
  • 國籍
    日本
  • 逝世日期
    1877年9月30日

基本簡介

鹿児島に生まれる。西郷隆盛、大久保利通らとともに精忠組に屬し、剣術は示現流を學ぶ。島津久光の上洛に隨行し、1862年(文久2)の寺田屋事件では過激派藩士の粛清に加わる。1868年(明治1)の戊辰戦爭では奧羽鎮撫総督參謀を務め、賞典錄を受ける。新政府では71年に鹿児島県の大參事、権令(県令)となり、島津久光の意を受けて西郷らを批判する。1873年(明治6)に朝鮮出兵を巡る征韓論爭から発展した明治六年の政変で西郷らが新政府を辭職して鹿児島へ帰郷すると、私學校設立などを援助する。1877年(明治10)に鹿児島で西郷らが挙兵した西南戦爭では官金を薩摩軍に提供し、その罪を問われて長崎で斬首される、享年53。

相關詞條

其它詞條