人間宣言

人間宣言

人間宣言為1946年1月1日日本昭和天皇發表的皇室詔書。詔書後半部分否定了天皇作為"現代人世間的神"的地位,宣告天皇也是僅具有人性的普通人,從某種意義上減弱了長久以來存在日本國民腦中的忠君思想。

  • 中文名稱
    人間宣言
  • 時    間
    1946年1月1日
  • 地    區
    日本
  • 發表者

宣言原文

年頭、國振興の詔書(人間宣言)

昭和21年1月1日

茲に新年を迎う。顧みれば明治天皇、明治の初め、

國是として五個條の御誓文を下し給えり。曰く、

一、広く會議を興し、萬機公論に決すべし。

二、上下心を一にして、盛んに経綸を行うべし。

三、官武一途庶民に至る迄、各其の志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。

四、舊來の陋習を破り、天地の公道に基くべし。

五、智識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。

睿旨公明正大、又何をか加えん。朕は茲に誓いを新たにして、國運を開かんと欲す。須らく此の御趣旨に則り、舊來の陋習を去り、民意を暢達し、官民挙げて平和主義に徹し、教養豊かに文化を築き、以て民生の向上を図り、新日本を建設すべし。

大小都市の蒙りたる戦禍、罹災者の艱苦、產業の停頓、食糧の不足、失業者増加の趨勢等は、真に心を痛ましむるものあり。然りと雖も、我が國民が現在の試煉に直面し、且つ徹頭徹尾文明を平和に求むるの決意固く、克く其の結束を全うせば、獨り我が國のみならず、全人類の為に、輝かしき前途の展開せらるることを疑わず。

夫れ家を愛する心と國を愛する心とは、我が國に於て特に熱烈なるを見る。今や実に、此の心を拡充し、人類愛の完成に向い、獻身的努力を効すべきの秋なり。

惟うに、長きに亙れる戦爭の敗北に終りたる結果、我が國民は動もすれば焦躁に流れ、失意の淵に沈淪せんとするの傾きあり。詭激の風漸く長じて、道義の念頗る衰え、為に思想混亂の兆あるは、洵に深憂に堪えず。

然れども、朕は爾等國民と共にあり。常に利害を同じうし、休戚を分たんと欲す。

朕と爾等國民との間の紐帯は、終始相互の信頼と敬愛とに依りて結ばれ、単なる神話と伝說とに依りて生ぜるものに非ず。天皇を以て現御神(あらひとがみ)とし、且つ日本國民を以て他の民族に優越せる民族にして、延いて世界を支配すべき運命を有すとの架空なる観念に基くものにも非ず。朕の政府は、國民の試煉と苦難とを緩和せんが為、あらゆる施策と経営とに萬全の方途を講ずべし。同時に朕は、我が國民が時艱に蹶起し、當面の困苦克服の為に、又產業及文運振興の為に、勇往せんことを希念す。我が國民が其の公民生活に於て団結し、相倚り相扶寛容相許すの気風を作興するに於ては、能く我が至高の伝統に恥じざる真価を発揮するに至らん。

斯の如きは、実に我が國民が人類の福祉と向上との為、絕大なる貢獻を為す所以なるを疑わざるなり。

一年の計は年頭に在り。朕は、朕の信頼する國民が朕と其の心を一にして、自ら奮い、自ら勵まし、以て此の大業を成就せんことを庶幾う。

(御名、御璽)

昭和二十一年一月一日

國務大臣副著

內容譯文

茲迎接新年,我等回顧明治天皇

明治初期,先帝提出5條維新誓言

1.廣開議會,萬事決于公論

2.上下一心,盛行經綸

3.官民各遂其志,勿倦人心

4.破除舊習,以天公地道為基

5.求知識于世界,以大振皇基

此誓言公明正大,無可挑剔,朕也欲遵循此誓言努力新進,大開國運

此誓言宗旨在于破除舊習,暢達民意,建立官民平等社會,固立豐富營養之文化氣氛,並圖民生向上,以建設新日本

現在大小都市蒙受戰火,難者的艱苦,產業的停頓,糧食的不足,失業者增加的趨勢等,看了實在讓人心痛

雖然如此,我國國民面對如此災難如果不努力奮鬥,追求和平文明,努力克服現在的艱難,將來將無法屹立于世界,也無法為世界的發展世界的前途作出貢獻,這個是毫無疑問的

愛家之心和愛國之心,我國國民尤為熱烈,現在的事實表明,現在就是我國國民的愛國心的擴大,完成對人類的愛,為和平而獻身的最好表現

隻是,長期的戰爭卻失敗了的結果,讓我國國民焦躁不安陷入失意悲傷的境地

詭異激進的風氣漸長,堅持道德信念也漸漸衰退,對此出現的思想混亂的前兆,朕深感擔憂

但是,朕和諸等國民是在一起的,希望和你們同甘苦,共進退

朕和諸等國民之間的紐帶,是依靠互相信賴互相敬愛所形成

並非是單靠神話傳說而生出

而說朕是神,日本民族有比其他民族更優越的貭素,擁有能擴張統治世界的命運,這種架空事實的觀念,也是無根據的

朕的政府是為了緩和國民的苦難和磨練,為了能夠更好的運營國家和發布政策才有如此之說

朕的政府,會為了緩和國民的苦難和試煉,將會全面的出台一些方針政策

同時朕希望國民們為了在困境中崛起,克服當前困難以及重振文運而勇往直前。我國國民要在公民生活方面興起精誠團結互相扶持寬容厚道的風氣

將我國至高的傳統知恥等發揚到極致。

誠如,朕對于我國國民對于世界福祉等所作出的貢獻絕對不會懷疑。

一年之計在于頭,朕和朕所信賴的國民上下一心,自勉自勵,如此一來,大業便能成了。

(御名、御璽)

昭和二十一年一月一日

各國務大臣副著

相關詞條

其它詞條